木工房 宗太郎のバナー

コンセプト(Moku-koubou Soutarou)
(手作り家具類の製作のコンセプト)

最終更新日:2015-12-18



 木工房 宗太郎は、木工の伝統的な技法を駆使し、手間を惜しまず、出来るだけ木にやさしい工法を選択し作品を製作しています。
 これにより、長い年数を経て育って来た木で作った作品を長くご愛用して頂けると考えています。

 また、お客様の手元に作品が届いた時がベストではなく、使い込んで頂けるほどに、良い状態になっていくような物作りを心がけています。

−−−−−以下詳細−−−−−

 【作品】  床の間や飾り棚に飾られる伝統工芸品ではなく、日々の日常でお使いいただく家具を中心とした木工品です。
 日々使うものだからこそ、大切に作りたいと考えています。
   
 【素材】  各種広葉樹中心の無垢材を、それぞれの特長を生かして使用します。
 但し、メリットが大きい場合などは、合板を使用する場合もあります。 
(例:引出の底板など。)
   
【技法・工法】   木工の伝統的な技法である組手・仕口の中から適するものを選択し、使用します。
 また、それを隠さず、意匠的に見せることを特長とします。
 さらに、木工の伝統的取り決め(決まり事)よりも、場面場面での重要性を優先します。
   
【表面仕上】   刃物による削り跡を残す、あるいは、わざと刃物で平面を崩す(例:名栗仕上ディンプル仕上)などの仕上げも含め、作品に適する仕上げ方法で仕上げます。
   
【塗装】    オイルフィニッシュを基本とし、素材の手触り感を損なわないことに配慮します。
 また、時間を掛け、オイルを充分に吸わせるのでり、木材色合いに深みがで、また、年数が経っても、白茶けたりし難くくなります。
   
【優先順位】   上記は、あくまでも、作り手側(私)の思いです。
 優先順位が高いのは、使い手側(お客様)の思いです。
 どうぞ何なりと思いをぶつけて下さい。
 お客様の思いを形にします。

−−−−−関連補足−−−−−

●納期・価格について
 上記の様な物づくりを行うため、どうしても、納期が係り、お高めになりますが、量産品などでは決して手に入れられない一品が、あなたの手元に届きます。
 首を長くしてお待ち頂き、また、いつまでもお使いいただけると幸いです。

●お手入れについて
 オイルフィニッシュの作品のお手入れは、空拭きが基本です。
 汚れがひどいときは、水拭き等を行ってかまいませんが、すぐに、空拭きしてください。
(水滴、湿気などが跡に残る場合があります。)

 定期的お手入れなどにつきましては、個別にご相談下さい。
(作品の状態に合わせ、蜜蝋ワックスなどをご提案させていただきます。)

木工房 宗太郎のロゴ

包蟻組

吸付桟

2段ほぞなど

小根付き四枚(二段二枚)ほぞ

通しほぞ割クサビ止め接

千切り(チギリ)

通し丸ほぞ割クサビ止め接

 


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou