木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


蟻隅鑿(ありすみのみ)・・・2006-03-25

  

 包蟻継ぎや千切りの鋭角な入隅(いりすみ)部を加工するために、刃先を傾け、一方の耳を鋭角にした鑿。

 これまでは、左右の
白書(しらがき)を使用していたが、多くの堅木を続けて加工すると、非常に手が疲れるため、柄の有る鑿の必要性を感じ、製作した。

 蟻隅鑿という名は、便宜上、私が、付けた名であり、一般的な名ではない。
(いろいろ調べて見たが、定義された文献などを見つけることが出来なかったため。)

 使用方法から言うと、突き鑿を改造して作るのが望ましいが、手元にあった、ホームセンターなどで販売されている安物の追入鑿を改造して作った。
(刃先だけではなく、表の形状も使いやすく加工。)


 幅15mm(5分)と9mm(3分)のそれぞれ左右で、計4本。

 写真の一番下の物は、素人の方が使っていたもので、裏も砥石で砥がれ、ひどい状態(べた裏)になっていたため、裏を漉き取り、完全では無いが、二枚裏とした。

 銘は、不明。
 柄の材は、赤樫など。


【別名:無し?】



Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou