木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


坊主面鉋(ぼうずめんがんな)・・・2005-09-06



 材の角を坊主面(ぼうずめん、または、丸面(まるめん)という)形状に削るための鉋。

 角面と違い、面の大きさを機械的に変えることが出来ないため、必要なサイズ毎に鉋をそろえる必要がある。

 他の形状の面取鉋(例えば、銀杏面)の刃と台を加工して、坊主面鉋とすることが可能なので、道具屋さんで埋もれているそれらの鉋を手頃な価格で手に入れ仕込むのもお勧め。

 刃の研ぎは、砥石の角を必要な丸みに加工して研ぐが、慣れが必要。

 綺麗な面にするためのコツは、角面同様に、逆目を見、削る方向を変えることと、削り代(刃の出)を大きくしすぎないこと。



【一番左】
 1分5厘(R=4.5mm)の角面を削るための鉋。
 銘は、國秀(くにひで?)。
 台は、白樫+赤樫。
 二枚鉋。


【左から二番目】
 1分(R=3mm)の角面を削るための鉋。
 銘は、開運(かいうん)。
 台は、赤樫(刃口に黒檀埋込)。
 二枚鉋。


【右から二番目】
 2分(R=6mm)の角面を削るための鉋。
 銘は、武(たけ?)。
 台は、白樫+赤樫。
 二枚鉋。
 銀杏面用を改造したもの。


【一番右】
 1分(R=3mm)の角面を削るための鉋。
 銘は、福運(ふくうん?)。
 台は、白樫。
 二枚鉋。


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou