木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-11-23


胴付鋸(どうつきのこ)・・・2005-11-23



 主に、胴付を切るのに使う鋸。
 構造的には、横挽鋸(よこびきのこ)の背に、背金(せがね)を付けた鋸。
 また、鋸身が薄く、歯が細密で、歯振(あさり)も少ない。このため、挽肌が滑らかである。


 写真のものは、全て、刃渡り250mmのもので、以前は、”九寸”と呼ばれていたものである。
 銘は、全て不明。
 作りの良さという意味では、一番上のものが、ダントツである。
(鋸身が薄く、歯が細密で、歯振(あさり)が少なく、バランスが良い。)

 胴付鋸も、最近は、替刃の鋸が主流であるが、私は、家具作りに替刃鋸を使ったことは無いし、今後も、使う気は無い。
(鉋同様に、昔からの作りできちんと作られた鋸には、替刃には無い良さがあると思う。)


【別名:胴付鋸(どうつきのこぎり)、胴突鋸(どうつきのこぎり)、胴透鋸(どうすきのこぎり)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou