木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


玄能(げんのう)・・・2005-09-06

 

 槌類(つちるい)の中で、両口のもの。
(地方によっては、片口(金槌)のことも、玄能と呼ぶところもある。)

 小口の一方は平面で、釘や鑿を叩くときに使い、もう一方は、中高となっている木殺し面と呼ばれるもので、木殺しをする時や、釘打ちの最後の一撃に使う。
 ちゃんとした玄能の小口は鋼を使い、焼きを入れてあるので、間違っても、玄能を玄能で叩くなどということは行なわぬこと。
(割れたり、欠けたりする可能性あり。)

【写真上】
 通称、達磨玄能(だるまげんのう)と呼ばれるもので、ズングリムックリの握形の形状である。
 この形状のお陰で、重量分布が、重心点に近く、ぶれ難く、安定して、鑿や釘を叩きやすい。
 また、振り下ろすスペースが狭い個所でも、有利。

 製造元(新潟県は三条の
須佐製作所)より、直接取り寄せた一品。

 頭の重量は、450g。
 柄の材は、白樫。
(自分で別の柄に仕込み直したもの。)


【写真下】
 方形面取の玄能。

 振り下ろすスペースが狭い個所で側面の平面を使うことも可能なので、重宝する一品。

 頭の重量は、150g。
 柄の材は、白樫。
(自分で別の柄に仕込み直したもの。)




【別名:玄翁(げんのう)、源翁(げんのう)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou