木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


一枚鉋(いちまいがんな)・・・2005-09-06

  

 主に、材の木口を削るときに使用する鉋。
(針葉樹などの軟材を削るのにも使用する場合もある。)

 裏金(押刃)が無い、鉋の基本形。


 サイズ的には、寸八(すんぱち)。
 刃の銘は、千壽(せんじゅ)。
 千壽の製造メーカーである、
株式会社 常三郎 殿に、以前、問い合わせたところ、”青紙1号A”という刃金(鋼)を使用したものということであったが、HPでは、”スウェーデン鋼”と書かれている。変ったのだろうか?
 台は、赤樫で、銘不明の中古で、道具屋さんで購入し、仕込んだもの。
(変形が大きく、常に、使用前に台直しの必要がある。これが理由で、中古として売られていたのかも。)



【別名:一枚刃鉋(いちまいばがんな)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou