木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


金尺(かなじゃく)・・・2006-03-25



 長さを測る・角度を測る・直線を描く・曲線を描くなどに使用する金属製定規の一種。

 上は、長手が500mmのもので、下は、300mmのもの。
(上が、伝統的形状で作られたもので、下は、簡易(?)形状。)

 下の物は、正確を要さない場合に使用しているので、調整したことはないが、上のものは、正確な罫書きに使用するので、直角度を時折チェックし、必要に応じ、調整している。

 調整方法は、金属の特性を考慮し、タガネやセンターポンチで行なうが、ここでの説明は省略する。

 ただ、金尺なども狂いが来ることを認識し、それを配慮して使用することを忘れないでいただきたい。
(床に落としたり、出隅(角)をぶつけたり、特に、物を叩いたりは論外。)


【別名:曲尺(きょくじゃく)、指金(さしがね)、曲尺(まがりがね)、墨金(すみがね)。近似:巻金(まきがね)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou