木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


切面鉋(きりめんがんな)・・・2005-09-06



 材の角を切面(きりめん、または、角面(かどめん)という)形状に削るための鉋。

 写真のものは、面の大きさを機械的に変えることの出来るもので、自由定規付面取鉋というものである。

 構造的には、鉋台と定規台からなり、定規台の間隔を変えることによって、面の大きさを変えられる様になっている。

 鉋台を左右にずらすことが出切るので、刃の端から端までをしっかりと使う癖をつけて、刃の真中ばかり使うようなことは、せぬこと。

 綺麗な角面にするためのコツは、逆目を見、削る方向を変えることと、削り代(刃の出)を大きくしすぎないこと。



【写真左】
 普通の角面(45度面)を削るための鉋。
 銘は、不明。
 台は、赤樫。
 二枚鉋。


【写真右】
 面の角度が45度でない面(転んだ面)を削るための鉋。
 銘は、判(ばん?)。
 台は、赤樫。
 二枚鉋。
 逆目を押さえるために、削る方向を変える場合は、鉋台を逆向きに定規台に装着する必要あり。




 鉋台の下端が、材の角にあたるため、磨耗が激しいため、紫檀を埋め使用している。
(下端を削ると、定規台とのハメアイが緩くなってしまうので、使いにくくなる。)
 はじめから、下端に紫檀や、デコラを貼ったものも売られている。


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou