木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


際鉋(きわがんな)・・・2005-09-06

  

 段がある様な材の一段下がった部分を際(きわ)まで削るための鉋。

 構造的理由により、左勝手(写真左)と右勝手(写真右)があり、きちんとした仕事をするためには、セットで持っておくべき。
(削る面の幅が狭い場合には、
溝鉋(みぞがんな)を使用すると勝手がないので、一本の鉋ですむ。)


 刃の研ぎは、左右の傾きを常に頭において、研ぐべし。
(左右の傾きが狂うと、欲する削りは出来ない。)


【仕様】
 銘は、共に、サクラトモエ。
 台は、赤樫。
 ともに、二枚鉋。


【別名:脇鉋(わきがんな)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou