木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


溝鉋(みぞがんな)・・・2005-09-06

  

 敷居などの溝や、小穴などの凹部の底面を削るための鉋。

 その種類は数多く、目的によって、形状、名称が異なる。

 写真のものは、分類的には、大工決鉋(だいくしゃくりかんな)の一種で、やはり、敷居の溝を削るのが主なる目的の鉋である。

 私は、
際鉋(きわがんな)の変わりに使える場面がありうると思い購入。

 鉋刃の抜き差しは、他の鉋と全く違うので、注意が要る。
 また、刃の幅と台の幅の関係が重要で、仕込時にしっかりと、調整する必要がある。

 刃の研ぎは、鑿(のみ)のそれに近く、ポイントも類似。

【仕様】
 銘は、不明。
 台は、赤樫。
 二枚鉋(裏金が、クサビとなり、鉋身を固定する)。


【別名:決鉋(さくりかんな)、底取鉋(そこどりかんな)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou