木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


銛鑿(もりのみ)・・・2005-09-06

  

 
向待鑿(むこうまちのみ)であけた止りホゾの穴に詰まった屑を取り除くための鑿。

 銛鑿(もりのみ)という名は、形状というより、使い方から来たものと推測される。
(穴に詰まった屑に、魚をとる銛(もり)の様に、打ちこみ、引き上げることにより、屑を掻き出す。)

 形状的には、
鎌鑿(かまのみ)のほうが、魚をとる銛(もり)に似ている。
(銛鑿は、幅があり、
底渫鑿(そこさらいのみ)に近い形状である。)


 銘は、不明。
 柄の材は、赤樫。


【別名:顎鑿(あごのみ)、掻出鑿(かきだしのみ)、屑出鑿(くずだしのみ)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou