木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


向待鑿(むこうまちのみ)・・・2005-09-06

 

 ほぞ穴を掘るための鑿。

 角鑿(木工用機械)で、ほとんどのほぞ穴を掘る現在において、穴掘りに使うことはほとんどない。
 しかし、その丈夫さや形状より、持っていると以外に便利な鑿である。
追入鑿のところで述べたが、鑿を叩かなくてはいけない様な場面では、私は、この向待鑿を使用する。)

 幅の狭いものは、鉋の仕込み(押溝の加工など)に、非常に活躍する。


 写真の鑿たちは、ばらばらに購入したもので、5厘(1.5mm)から、6分(18mm)までのものと、2分(6mm)の穴が二つ掘れる二又向待鑿(ふたまたむこうまち)、あるいは、二本向待鑿(にほんむこうまちのみ)と呼ばれるもの。
(一番左が、二又向待鑿で、建具に二枚ほぞ用の穴を掘るためのもの。)

 全て、一枚裏。

 あちこちの道具屋さんで、見付けては購入してきたため、銘、柄の材(赤樫または白樫)もばらばらである。

 写真で、刃の側面が白く見えるものは、元々の形状が悪いために、私が、グラインダで加工し修正したあとです。


【別名:孔鑿(あなのみ)、ほぞ鑿(ほぞのみ)、建具鑿(たてぐのみ)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou