木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


長台鉋(ながだいがんな)・・・2005-09-06

  

 普通の平鉋に比べ、台の長さが長いもので、精度の高い平面加工を要するときに使用するもの。
(定規となる下端、小端が長いため、精度が出る。)

 台単独で手に入れ、他の鉋の刃を仕込み直したもの。

 サイズ的には、寸六(すんろく)。
(寸六、寸八などは、刃幅による鉋のサイズ呼称。)

 二枚鉋。

 刃の銘は、東源次(あずまげんじ)。
 東源次の刃は、全般的に良いが、この台に仕込んだものは、特に古いものの様で、地金が非常に軟く、良い。

 台は、作不明ではあるが、大阪の古い道具屋さんで眠っていたもの。
 最近見かけぬ良い赤樫である。

 小端の台直しを考慮し、刃の位置を左寄りに仕込み、右側の小端の削り代を増やしたものがあるが、残念ながら、この台は、そうではない。
(出きるだけ削らぬ様、慎重に台直しをしなくては・・・。)


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou