木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


南京鉋(なんきんがんな)・・・2005-09-06

 

 中国から伝えられたためにこの名がついたと言われる鉋。

 丸棒(丸脚、スピンドル)などの曲面を削り出すのに非常に活躍するとともに、他の場面(あらゆる曲面削り)にも便利に使用出来ることが多い。

 構造的には、刃と台の木目の方向の関係が他の鉋とは、違うことが特徴的である。
(このため、あまり堅仕込に出来ないのが悩み。)
 全て、一枚鉋。


【一番上】
 割合曲率の大きな曲面を削るために仕込んだ一品。
(購入時は、刃口の真鍮板無し。台が大きく重たく無骨い形状。)

 銘は、越富士(えつふじ?)。
 台は、白樫。
 刃が厚く、重く、幾分バランスが悪い。

 長切れ目的で、二段研ぎとし、使用している。


【上から二番目】
 曲率の小さな曲面を削るために仕込んだ一品。
(購入時は、刃口の真鍮板無し。台が大きく重たく無骨い形状。)

 銘は、万長(ばんちょう?)。
 台は、白樫。
 上に比べ、刃は薄く、バランス的にはこの鉋の刃の厚さが、限界。

 やはり、長切れ目的で、二段研ぎとし、使用している。


【上から三番目】
 丸ホゾの削り目的で、自作した一品。

 台を、極限まで細くし、刃を立鉋の様に仕込むことにより、胴付の際まで削れ、また、大きな逆目が置きにくくしている。

 台は、ホワイトオーク。
 刃は、ホームセンターで買った安物の小鉋の刃(ハイス鋼)を幅方向に切り、使用。
 ハイス鋼は、研ぎ、裏出しに非常に苦労するが、薄く軽いため、この様に小さな鉋には、適する。
(刃が、軽く、バランス良し。)


【一番下】
 下端を平面として、自作した一品。

 丸棒などの削り時に、木目の堅さの変化による影響で、面が凸凹になるのを避けるのを目的で製作。

 台は、ホワイトオーク。
 刃は、ホームセンターで買った安物の小鉋の刃(ハイス鋼)を使用。
 ハイス鋼は、研ぎ、裏出しに非常に苦労するが、薄く軽いため、バランス良し。
 刃の銘は、太平(たいへい?)。

 長切れ目的で、二段研ぎとし、使用している。


【南京鉋の仕込などに関する、アドバイス】

 一般的に、販売されている南京鉋は、刃口の磨耗対策の真鍮板は無く、台が大きく重たく無骨い形状である。
 使用目的に応じ、軽く、バランスの良い形状に台を削り出すべし。
 また、刃口(下端)には、必ず、真鍮板を張るべし。
 凸面でも使いやすい南京鉋とするためには、刃口の開口部を出来るだけ小さくすべし(真鍮板で包みを設ける。)。このため、刃先角を大きくすることができないため、堅木削りで、長切れさせるためには、二段研ぎとして、対応するとよい。

 また、購入する南京鉋の見るポイントのひとつとして、刃の重さがある。
 出来るだけ軽い(薄い)刃のほうが、使いやすい南京鉋となる。
(幅も、それほど広い必要はないはずである。狭いほうが、軽くなることも、考慮。)

 自分で、台を使いやすく削る自信の無い方、あるいは、下端(刃口)に、真鍮板を張る技術の無い方などは、それらの加工(仕込)を終えた状態にした南京鉋を売っておられる
柏木工房 殿から、購入してみてはいかがだろうか?
(私も、以前より、興味を持ち、問い合わせなどをしたことがある。いつかは、購入し、使ってみたいと思っているが・・・今だ、手が出ていない。)


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou