木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-11-23


白書(しらがき)・・・2005-11-23



 主に、木材に正確な線を描くための刃物。
(鉛筆などでは不可能な正確な罫書き線。)
(木材に、傷(溝)として、線が出来るため、目視出来ない線でも、刃物の先を落とすことにより、認識が出来る。)


 左上の三本は、右利き用の一般的な白書。
 銘は、不明。

 左の一番下の一本は、左利き用。
 私は、右利きですが、千切り(ちぎり)の罫書きなどでは、右利き用では、罫書くことの出来ない個所があるので、その場合に使用するために、購入した右利き用の白書を改造したもの。
 銘は、不明。

 右のものは、二挺白書(にちょうしらがき)で、同時に二本の平行線を罫書くための白書。
 滅多に使うことは無いが、古い道具屋でほこりを被っていたものを見付けたため、一応、購入したもの。
 銘は、不明。


 白書は、上記の如く、罫書くことが主な使用方法であるが、胴付の微調整などに刃物として使用するため、刃先角、刃先の傾斜角などを一般的白書とは変え、また、刃全体をきちんと砥ぎ、刃物のとしての切れを常に確保し使用している。


【別名:白罫引(しらけひき)、白引(しらひき)、白描(しらがき)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou