木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06


仕上鉋(しあげがんな)・・・2005-09-06

  

 主に、材を仕上削りするときに使用する鉋。

 刃の研ぎ、台の調整などなど、最も気を使う鉋であると言え様。

 (他の鉋も同じではあるが・・・)高価なものを買う必要はないが、品質の高いものを見る目を養った後に、手に入れることをお勧めする。

 購入時に見るポイントとしては、次のような点がある。
(実際に、見て触って購入すべし。)
@台は、狂い憎いものを選ぶ。・・・狂いやすいものは、販売時に、既に狂っている。
A台は、堅いか。・・・軟いと、下端の磨耗が早い。目の詰まった堅いものを購入すべし。
B刃口は、狭いか・・・逆目掘れが許されない仕上鉋は、刃口が狭い必要がある。
C仕込勾配は、適当か。・・・削る材の硬さなどにより、異なる。
D鉋身の刃金(鋼)と地金の付きは、良いか。
E鉋身の刃金(鋼)は、良いか。・・・ここで、言葉で説明するのは、困難。
F鉋身の地金は、軟いか。・・・ここで、言葉で説明するのは、困難。
G鉋身の形状は、良いか。・・・表、その他の形状など、見るポイントは多数あり。
H裏金の形状、材質などは良いか。・・・ここで、言葉で説明するのは、困難。
Iその他、多数。


 全て、二枚鉋。


【一番左】
 サイズ的には、寸六(すんろく)。
 銘は、東源次(あずまげんじ)。
 東源次の刃は、全般的に良いが、この刃は、
長台鉋のものに比較すると新しいものの様で、地金が幾分硬い。
 刃口は、包(つつみ)。
 台は、白樫(油台)。


【真中】
 サイズ的には、寸六(すんろく)。
 刃の銘は、龍(りゅう)。
 龍という名の鉋は、多くのメーカーから出ているようで、それぞれ、全く違う。
 道具屋さんで、粘りに粘った結果、裏から出してこられた一品。
 地金の軟さ、台、刃金・・・と全て、気に入っている。
 台は、赤樫。
 台には、
茂という文字の刻印がある。


【一番右】
 サイズ的には、寸八(すんぱち)。
 刃の銘は、是友(これとも)。
 ”乱れ刃”という、日本刀鍛冶の技法を使った一品で、何層にも折り返された地金の波紋と相俟って、美しい刃である。
(”乱れ刃”の刃の鉋としては、他に”ヽ龍(てんりゅう)”というものがある。)
 台は、赤樫。
 台には、上の龍と同様に、
茂という文字の刻印がある。
 私は、手が大きくないため、寸六を好んで使用する。このため、この是友が活躍する機会は、残念ながら少ない。


【別名:上仕工鉋(じょうしこがんな)】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou