木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


直角定規(スコヤ)・・・2006-03-25



 
金尺と同じ様に、長さを測る・角度(直角)を測る・直線を描くなどに使用する定規の一種で、一般的には、金尺より小さく、丈夫で、金尺の様に曲げて(湾曲させて)使用することは無い定規。

 上は、長手が150mmの市販の金属製もので、一般的に、スコヤと呼ばれているもの。
(スコヤという呼び名は、英語のsquare(スクエアー、正方形、直角をなすなどの意)を聞き間違えたか、訛ったかで、こうなったと言われている。)

 長手(ブレード)の厚みは、1.5mmで、隙間のチェックなどにも使用できる。

 金属製の定規は、修正が難しいため、鉛筆やペンシルで罫書くときのみに使用する。
白書での罫書きに使用していると、スコヤが擦り減り、正確な直線が描けない様になる。スコヤにあたる白書は、刃金の部分である。)


 下は、木製の直角定規で、
白書での罫書きや、胴付鋸(どうつきのこ)の定規として使用するもの。

 摩耗などによる変形を修正する前提の定規。
(修正は、
木口台一枚鉋(いちまいがんな)にて行ない、これは、正確な罫書き、加工を行なうためには、必要な作業と言える。)


【別名:木矩(きがね)、スクエアー、スコヤー】


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou