木工房 宗太郎のバナー

昇降丸鋸盤用治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


千切り製作用治具・・・2006-03-25



 
昇降丸鋸盤というより、付属のほぞ取り機能を使って、千切りを荒切りするための治具

 ベニヤ板に、千切りとなる板材を位置決めするガイドを取り付けただけのもの。


 材の固定は、指で行ない、その指が、鋸刃の近くまで行くので、充分注意して行なう必要がある。
(事前に、シミュレーション、及び、指の柔軟体操を行なうこと。)

 ほぞ取り機能を使用する場合の、基本中の基本であるが、鋸刃と補助テーブルの隙間は、最小のこと!


押し板・・・2006-03-25



 
昇降丸鋸盤で、板の木口を下にして加工する場合などに使用する安全確保のための治具。
(手、指の保護、及び、材の安定。)

 形状的には、
直角木口台と同じで、サイズ的には、小さく、加工する材による。

 止りとなる部材は、鋸刃で切られるので、定期的に、取り換える。


バネ板・・・2006-03-25



 
昇降丸鋸盤で、加工材をしっかりと定規などに押しつけるとともに、加工材の戻り防止のため使用する安全確保のための治具。
(手、指の保護、材の戻り防止、及び、加工精度向上。)
(テーブル式ルーター、トリマーなどでも使用する。)

 形状・寸法は、数種製作しておくと良い。


【別名:板バネ、フェザーボード】


押し棒・・・2006-03-25



 
昇降丸鋸盤で、幅の狭い材を押す(押し切る)ため使用する安全確保のための治具。
(手、指の保護、及び、材の挟み込みによる飛びの防止。)

 形状・寸法は、定規の高さや、持ちやすさ、材を確実に押せる様配慮して決めること。

 小さな治具ではあるが、大切な治具であるので、必ず準備のこと。
(私は、材の挟み込みにより飛んだ小さな角材が、12mm厚のコンパネに穴を空ける現場に遭遇したことがあります。)


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou