木工房 宗太郎のバナー

工具・治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2005-09-06



立鉋(たちがんな)
・・・2005-09-06

  

 平鉋の下端の調整(削り)に使うことが多いため、一般的に、台直鉋(だいなおしがんな)と呼ばれることの多い鉋。

 刃の仕込角がほぼ直角になっている(立っている)。
(写真の一品は、特殊立鉋の部類に入るもので、仕込角が約100度で、しかも、少しねじって仕込まれている。)


 鉋の台直しの他に、黒檀や紫檀などの極めて堅い材の削りには、無くてはならない一品。
(千切りとして埋め込んだ、紫檀、ブビンガの削りに多く使ってる。)


【仕様】
 銘は、サクラトモエ。
 台は、赤樫。
 一枚鉋。


【別名:台直鉋(だいなおしがんな)】

Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou