木工房 宗太郎のバナー

手加工用治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


板矧ぎ用治具・・・2006-03-25



 
板矧ぎ時に、圧締するための治具

 ズンギリ(寸切り)スタッドと、角ワッシャ、ナット、高ナット、そして、スタッドが通る穴を空けた木辺からなるもので、矧ぎ合わせ材の幅、厚みにいろいろ対応できる様にしている。

 二本の高ナットを均等にしめることにより、端金(はたがね)や、ポニークランプでの圧締で出やすい反りが、出にくい。
 その反面、締めるまでの段取りが多少難しく、慣れが必要。
(矧ぎ合わせる材の寸法により、うまく使い分けのこと。)


反り止め・・・2006-03-25



 
板矧ぎ時に、矧ぎ材の反りを小さくするための治具

 ズンギリ(寸切り)スタッドと、角ワッシャ、ナット、高ナット、そして、スタッドが通る穴を空けた角材からなるもので、矧ぎ合わせ材の幅、厚みにいろいろ対応できる様にしている。

 二本の高ナットを均等にしめることにより、一方からかける端金(はたがね)や、ポニークランプでの反りの力を押さえる。

 材にあたる部分には、敷居スベリを貼ってある。
 これにより、当方で標準的に使用している酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤(通称、商品名:木工用ボンド)では、材に引っ付いてしまうことはない。


打ちあて・・・2006-03-25



 
ほぞを打ち込む時などに、角材や板材にあて、玄翁(げんのう)による打ち傷を防ぐもの。

 使い古した鉋(かんな)の台などの堅木材(樫など)を使って作る。

 写真の様に、叩く材の幅、ホゾの大きさ、位置などにより使い分けられる様に、数種のサイズを用意しておくといい。

 玄翁で叩く面と材に当てる面は、区別し、ひとめで分かるようにしておくこと。
(材に当てる面は、絶対に玄翁では叩かない。誤って叩いた場合は、平面を修正後に、使用のこと。)
(材に当てる面が、崩れていると、材に傷が入る。)


 丸材などの曲面を叩く場合は、打ちあてを使用しても材に傷がはいるので、その場合は、
クッションハンマーなどを使う必要がある。


馬(うま)・・・2006-03-25



 
角材などをかさあげして、安定させるための治具。

 写真のものは、当工房で、墨付け(罫書き)時に使用しているもので、他には、塗装時に、製品の下に置いたり、手鋸で、ホゾを挽く場合に使用する。
【別名:ほぞ挽き台】


鑿置き(のみおき)・・・2006-03-25



 
加工に使用中の鑿(のみ)などを安定して置くための治具。

 柔らかい木材に鑿の首が嵌まる切り込みを加工しただけのもの。

 鑿が作業台の上を転がったりすると危険であり、また、鑿の刃先が他の工具などにあたると欠けたりする。

 のみ箱を使用する方法もあるが、箱自体がスペースをとり、邪魔になるため、私は、写真のものを使っている。


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou