木工房 宗太郎のバナー

自動一面鉋盤用治具(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-03-25


面取用治具・・・2006-03-25



 角材の荒面取(角面)や、八角材を作る場合に使用する治具。

 写真のものは、サイズ違いで、削る材の大きさにより使い分ける。
(材の安定を配慮。)

 材の滑りが悪い場合は、潤滑用シリコンスプレーを治具に塗布すると、スムーズに材が送られる。

 この治具が無いと、この治具を作ることが出来ないと思い、他の工房で作らせてもらっている方を見たことがあるが、そうではない。

 小さな物用の面取用治具を
切面鉋(手鉋)を用い製作し、その小さな物用の面取用治具を使い、少し大きな物を・・・というように、していけば良いのである。


傾斜削り用治具・・・2006-03-25



 板材をテーパーに加工する場合に使用する治具。
(板材の左右の木端厚みが異なる。)

 左は、材の止りとスペーサーを一定の厚みの板材に取り付けたもので、右は、テーパーに削った板材に、止りを取りつけたもの。

 削る材の幅、傾斜角により、それぞれの治具が必要となる。

 精度が不要で、削る材の量が少ない場合は、手押し鉋盤のテーブルにスペーサーを取り付け、削る方式で良い。


補助テーブル・・・2006-03-25



 出側に取り付けられた補助テーブルで、削られた後に送り出されて来た材が落ちないようにしたもの。

 一方は、自動のテーブルにタップ加工を行ない、蝶番をかいして取り付け、もう一方は、伸縮できる脚をやはり、蝶番で取り付けてあり、削る材の厚みに対応できる様にしてる。


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou