木工房 宗太郎のバナー 

その他(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2015-03-17


存在を主張する飾り棚・・・2005-03-19
 
 陶器などを趣味とされている方向けにデザインした一品。   
作品名 存在を主張する飾り棚
材料 主材:ブラックウォルナット
寸法(mm)  W × D × H = 910 × 240 × 600
塗装 オイルフィニッシュ(チークオイル)
価格(参考) ¥64,000(税抜き)

【以下、詳細】

 飾られるものを邪魔することなく、されど、自分自身の存在もさりげなく主張する、そんな飾り棚をというのがこの飾り棚のコンセプトです。



 ブラックウォルナット材を使うことで、その色合いより、飾られるものを引き立たせ、



 しかし、この独特な形状が、静かに存在を主張しています。



 この独特な丸みを帯びた形状は、本腰胴付を採用することにより、成り立たせています。
 (通しホゾ割クサビ打ち込み)



 棚板は、上下それぞれ一枚板であり、棚面は、四方反り鉋(カンナ)による軽い名栗仕上げ(なぐりしあげ)とし、陶器などを直に置いてキズなどが入っても、目立たない配慮をしてあります。



 棚板の奥行き(材の幅)が、狭いためビス止めとしていますが、全体的部材の構成で、板が割れたりしない様に配慮しています。
(棚板の奥行きによっては、駒止めとしたり、反り止めを入れたりすることが必要となります。)

【検索キーワード】
無垢の木・木の棚・框立て(かまちだて、框建て、框組)・脚物・指物・角ホゾ・丸ホゾ・角ホゾ・名栗仕上げ


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou