木工房 宗太郎のバナー 

その他(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2017-01-29 


猫こたつ(nekotatu)・・・2017-01-27    
 猫こたつ(nekotatu)
 猫用(小型ペット用)の炬燵(こたつ)です。

(注:ヒーター等の熱源は付属していません。)

 
 一般的寝具の毛布などが掛け布団として使えるサイズです。
(どうせ汚れたり、破れたりするものですので、要らなくなった使い古した毛布を使うと良いでしょう。)
(注:掛け布団などは付属しません。)

 
 掛け布団を外せば、小さなて座卓(テーブル)です。
(注:天板と本体は固定されません。)


 天板の下(幕板内部)には空間・棚があり、湯たんぽ等の熱源を置くことが出来ます。
(空間:約330×330×85mm)

【熱源選定上の注意事項】
 電気品等をご使用の場合は、以下の点などに注意の上、自己責任でお使い下さい。
●猫(ペット)が、ケーブル(コード)を噛まないか。
●猫(ペット)が、ヒーター部を噛んだり、爪を立てたりしないか。
●猫(ペット)が、カーペット・スイッチ・ケーブル類に粗相(そそう、おしっこなど)をしないか。
●棚部に電気品を置く場合、ケーブルが輪っかになってぶら下がらない様に!
(昔の人用の電気こたつで、猫が首を吊ってしまうという悲しい事故があったことがあるそうです。・・・うちの子(猫)の主治医のアドバイスです。)・・・【2017/01/28追記】
●豆炭アンカ等の燃焼系の熱源は、猫(ペット)が、一酸化中毒などを起こす可能性がありますので、不適切です。
●その他
注:猫(ペット)は、それぞれ性格や癖が違うので、必ず、安全を確認し続けながら、ご使用下さい。

【当方での熱源(あくまでも参考)】・・・うちの子(猫)は、今のところ、全く問題なく、こたつを利用しています。
 上(天板・掛け布団下、棚):平型電気あんか):最大60W
 下(カーペット):ミニマット(45角)ホットカーペット(一人用足温器)最大36W
(注:あまり高温になる熱源や容量の大きな熱源を使用しますと、木製品である炬燵(こたつ)が、大きく変形したり、最悪は、低温火災につながる可能性もあるかもしれませんので、使用する場合は。必ず、安全を確認し続けながら、ご使用下さい。

 人用の電気こたつに比して、圧倒的に空間が狭いため、少ない熱源で充分暖かい様です。
 日中は、暑すぎる時もあるようで、這い出してきて、冷たい畳や板床の上で、体を冷やしている様子を何度か見かけたことがあります。
 (それに気づいた時は、熱源の出力を下げてあげてます。)
 夜中は、玄界灘の海風が吹きすさぶ立地のため、室内でも水が凍る気温まで下がりますが、全く問題ない様です。

 まあ、猫自身が、一番の熱源なのかもしれませんが・・・。



 うちの子(猫)は、掛け布団の一箇所を少し開けておく方が、下僕(私)の行動がチェック出来るため、良いようです。
(写真では、大きく開けていますが、実際じは、小さく。)

 猫(ペット)が、噛んだり、爪を立てたりしても良いように、無塗装です。
 また、高価な木材は使わず、安価な材(米もみ )で作りますが、構造的に、充分な強度を確保します。
米もみは、食品関係のも多く使われる木材で、かまぼこ板にも使われる安全・安心の木材です。)
 天板は、無垢材ですが、反り難い様に、集成材としますが、それでも上下の温度差(湿度差)により、反ってくる可能性があります。
 その場合は、天板をひっくり返して下さい。
(天板は、両面使えるので、定期的に裏表をひっくり返し使用するのが理想。)

作品名 猫こたつ(nekotatu)
材料 主材:米もみ(ベイモミ)
寸法(mm)  W × D × H = 420 × 420 × 380
重さ(計算) 約4.5kg
塗装 無塗装
価格(参考) ¥10,000(税抜き)


【蛇足情報】
 ひとが足先(つま先から、ひざ下程度)を入れることが出来ます。
 私が横になって、猫こたつに足を入れ昼寝をすると、うちの子(猫)は、こたつの中に入り、足と足の間に入り込み、寝ます。
(狭いのに・・・)


【検索キーワード】
無垢の木・板立て(いただて、板建て、板組)・脚物・指物・集成材・ペット用品


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou