木工房 宗太郎のバナー 

木工四方山話(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2006-02-01


No.026【鑢(やすり)の使い方について】・・・2006-02-01


 木工をする上で、使いこなさなくては道具は、木工用の道具だけであるとは限らない。

 なぜなら、木工用道具の多くに(ほとんどに)、鉄や真鍮などという金属が使われており、それらを、必要に応じて、加工したりしなくてはいけないからである。

 道具には、それぞれの歴史(先達の経験・知恵など)を踏まえた適切な使い方というものがあり、同じ道具でも、国が変れば使い方が異なる場合もある。

 ここでいう使い方とは、例えば、鋸(のこ)を引いて使うか、押して使うかという様な意味である。
 日本の(木工用)鋸のほとんどは、引いて使う様に作られているが、外国では、押して使う様に作られているものものも多い。

 木工用の道具である鋸を例に挙げたが、これは鉄鋼用の道具でも言えることで、当然、適切な使い方というものがある。



 先日、木工を学ばれている方が、何らかの金属に、鑢(やすり)をかけている音を聞く機会があった。

 木工用機械の影から聞こえてくるその音を聞き、またか・・・と私は、思った。

 今までにも、同様の音を何度も聞いたことがあったからである。

 金属に、押すともなく、引くともなくかける鑢(やすり)の不愉快な音・・・。
 
 鑢(やすり)の音が止み、彼は、手に鑿(のみ)のカツラ(金輪、冠)を手にし姿を表わした。

 どうやら、鑿(のみ)の仕込みが悪いためか、カツラを叩いてしまうために出た返り(かえり)をヤスリで削っていたいた様である。


 私は、彼に質問してみた。

 ヤスリは、引いて使うのが本当か、押して使うのが本当か・・・と。

 彼は、引いて使うと答える。

 その後、間違いを私に指摘された彼は、ヤスリの表面を見、触って、納得していた。


 そう、(鉄鋼用)ヤスリのほとんどは、押して使う様に作られているのである。

 これは、金切鋸(かなきりのこ)も同じであるが、金切鋸は、刃を逆向きに取り付けることができるため、誤って、引いて使う様に取り付け、使っているひとを見たこともある。



 今使っている全ての道具の使い方を、きちんと学んで(習って)きた訳ではないであろう。

 何気なく、使って来た道具も多いであろう。

 だとしたら、それらの道具の使い方を、今一度、チェックしてみては、如何だろうか?

 自分が、正しい使い方をしているかどうか。


 私に指摘された彼がしたように、ヤスリなどは、その表面を見て、触るだけで分るのであるから。

 意識して、見て、考えれば、分るのである。



 正しく使い、正しく加工しよう・・・という、意識さえもっていれば、見ようと思い、考えるはずである。

Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou