木工房 宗太郎のバナー 

木工四方山話(Moku-koubou Soutarou)

最終更新日:2007-01-15


No.037【カタログ販売等の家具の記載用語について(家具購入希望者向け)】・・・2007-01-15


 以前、通販雑誌で、デスクの購入を検討されているという方から、ご質問をいただいたことがあった。

 二種のデスクの木材の違いによる強度の違い・・・というのが、主たる質問の主旨であった。

 一方は、”ナラ天然木(ウレタン塗装)のデスク”、もう一方は、”ウォルナット天然木化粧板(ラッカー塗装)のデスク”とのことであった。

 無垢材としての強度の違いや、構造体(デスク)としての強度について、そして、塗装の違いについて、簡単にお答えしたが、もう1つ、重要なことについても、ご説明させていただいた。

 それは、 ”天然木のデスク”と、”天然木化粧板のデスク”の違いである。


 我々、木工(家具・指物)に携わる者にとて、この両者の違いは、明らかであるが・・・確かに、一般の方にとっては、どちらも”天然木”という言葉が、ついており、違いが分からない可能性大とも言え様。


 ”化粧板”という言葉が、入るか否かで、全く、違う構造(構成)のものであることを示している。


 以下に、この二つのデスクの違いについて、簡単に説明をするとともに、その他、分かりにくい表記例についても、説明しておきたいと思う。


@”ナラ天然木のデスク”
 ナラ(
水楢)材を使った無垢材のデスクのことである。
 但し、場合によっては、集成材を使用している可能性もある。
 とはいえ、構成部材の中から外まで、全てナラ材である。

A”ウォルナット天然木化粧板のデスク”
 まず、”化粧板”とは、板の表面に化粧処理をしてあることを示し、ベニヤ板の表面に薄い美しい木材の板やプリント紙などを貼ったものや、メラミン樹脂板(木材ではない)のことである。
 これが、”天然木化粧板”となると、ベニヤ板の表面に薄い美しい木材の板を貼ったものを表すことになる。
 ベニヤ板(合板)は、ラワンなど安い材で作られるため、見栄えが悪いため、表面に出るところのみに、見栄えの良い材を貼ってある合板で、正式には、”つき板(突板、単板)合板”というものである。
(安い金属に、高価な金属でメッキを施す様な感じと思っていただければ、解り易いだろうか。)

 そして、構造体としては、ベニヤ板だけでは、デスクを構成することは、出来ないので、フラッシュ構造などとするのである。
(四方山話 No.001
【無垢の木の家具について】、No.030【木の家具に使われる家具用材について】を参照方。)

 安い木材を心材とし、その両面に、上記ベニヤを貼り、厚い板材の様に見せかけ、また、強度を確保する技法である。
 心材は、全面に入れるのではなく、飛び飛びに入れるため、ベニヤの合間には、空洞部分あり、これは、叩けば、分かる。
 この、叩けば分かる・・・を分からない様にするため、心材を、安い木材の集成材やパーチクルボードを心材として全面に入れるというやりかたもある。

 つまり、内部は、ジョンコンなどの安い木材+空洞(もしくは、集成材、パーティクルボード)で、表面のすぐ下は、ラワンなどのベニヤ、そじて、表面のみが
ウォルナットの薄い木材のデスクということである。
 まさに、安い金属に、高価な金属でメッキを施してある様な感じである。

 以下は、その他表記例の説明。

【ナラ天然木】
 水楢無垢材を材として使用していることを示す。
 場合によっては、集成材も含む(?)。
(上記、参照方。)
(他の木材の名称が入っても、同じ。)

【ナラ集成材】
 水楢無垢材を一度角材にカットしたものを接着した集成材としたものを使用していることを示す。

【ナラ無垢集成材】
 ナラ集成材と同じ。

【ウォルナット天然木化粧板】
 薄いウォルナット材を表面に貼った合板(つき板ベニヤ)を使用していることを示す。
(上記、参照方。)
(他の木材の名称が入っても、同じ。)

【ウォルナット材突板張り(貼り)】
 ウォルナット天然木化粧板と同じ。

【ウォルナット練付け合板】
 ウォルナット天然木化粧板と同じ。

【化粧合板】
 表面を化粧した合板を使用していることを示すが、この表示だけでは、表面の化粧が、紙か・・・何であるかは、不明である。

【プリント合板】
 化粧合板と同じ?

【強化化粧板】
 メラミン化粧板のことと思われるが、詳細は、不明?

【MDF】
 繊維板(JIS A 5905)を材として使用していることを示し、繊維板とは、”主に木材などの植物繊維を成型した板”のことであり、一般的に言われるパーチクルボードのことである。
 当然、表面の見栄えが悪いので、塗装(?)や、化粧合板などで、化粧して家具となる。

【ローズウッド積層合板】
 ローズウッドという木材の薄い板を貼り合わせた合板(ベニヤ)を使用していることを示している。
 ”化粧板”や、”つき板”と異なり、内部も全て、表面と同じ材である。
(他の木材の名称が入っても、同じ。)

【ローズウッド天然木積層合板】
 ローズウッド積層合板と同じ。

【メラミン化粧板】
 表面にメラミン樹脂板を貼ってあることを意味し、内部は、フラッシュ構造か、パーチクルボードと思われる。
 メラミン化粧板とは、メラミン樹脂を固めた板(木材ではない)で、傷や薬品などに強く、また、色・模様(木目模様もあり)などが自由に選べるため、デスクトップなどに良く貼られる板材である。
(通称、デコラと呼んでいるが、これは、商品名である。)

【ポリエステル化粧板】
 表面にポリエステル樹脂板を貼ってあることを意味し、内部は、フラッシュ構造か、パーチクルボードと思われる。
 ポリエステル化粧板とは、化粧紙(綺麗な色、模様などの紙)に、ポリエステル樹脂を吹き付け固めたもので、メラミン化粧板に近いが、これより安く、傷などに弱い。


Since 2003-05-25 Moku-koubou Soutarou